家の鍵を失くしたら|壊れたドアはすぐ業者に相談を!防犯効果を高める修理術

壊れたドアはすぐ業者に相談を!防犯効果を高める修理術

男の人

家の鍵を失くしたら

男性

交換する方がよいです

仕事を終えて疲れ切った体で帰宅したのに、玄関の前で家の鍵を失くしていることに気がついたとしたら、誰だって愕然としてしまいます。当然のことながら、鍵がなければ家の中に入ることができません。まさか野宿するわけにもいきませんので、何とかして鍵を開けたいと考えるのが普通です。賃貸マンションの中には管理会社がスペアキーを預かっているところもありますが、時間帯によってはすぐに対応してもらうことができません。しかし、そんな時に頼りにすることができる業者がいます。それは、鍵開けサービスの専門業者です。電話で依頼すればすぐに駆けつけてくれるようになっているため、長時間屋外で待たされることはありません。ただし、防犯面を考えるなら、鍵開けだけを依頼するのではなく、新しい鍵に交換してもらうようにした方がよいです。どこかで鍵を落としたのではなく、誰かに鍵を盗まれてしまった可能性もあります。犯罪被害にあう恐れを否定しきれませんので、交換してしまった方が安心できます。

サービスの特徴について

鍵開け業者は、どこも皆スピーディーな対応を売りにしています。改めて言うまでもないことですが、家の鍵を失くしてしまった人は、できるだけ早く鍵を開けてほしいと望んでいます。電話をかけてから何日も待たされるようであるならば、誰も鍵開け業者を利用しなくなってしまいます。そのため、電話をかけてから1時間以内に現場に駆けつけてくれる業者がほとんどです。一般的な形状の鍵であれば、鍵開け料金は5000円程度です。ただし、防犯性能の高い鍵の場合は、2万円以上かかることもあります。また、深夜料金が発生する場合もありますが、作業開始前に見積もりを提示してくれますので、あまり心配する必要はありません。ただし、見積もり後にキャンセルした場合、キャンセル料がかかる業者とかからない業者がいますので、電話をかけた時に確認しておくことが大切です。